楽しいことを優先

三週に渡り、お財布作り。

こども向けワークショップや体験など、その回で完結するもの作りになれている子も多く、三週に渡りの作業では、慣れ?中だるみ?が出てきたのか…
クラスの時間になってもかくれんぼで盛り上がっていました。

時間について、感じてもらいたく、「先生が5分何もしゃべらない」を実施。

沈黙の時間は、気まづく作業をしながら「時間を守る理由」を個々で考えてくれていました。

そんなこんなで、作業の時間が短くなった分は集中をして取り組んでいました。

今回のクラスで、ものを作るのには準備から完成まで時間がかかること、労力がかかることを感じとってもらえたらなぁと。

愛着も湧きますよね。

関連記事

  1. ひかり と かぜのインスタレーション

  2. 【放課後学童】物語りのつくり方

  3. 一年前の自分に会おう!

  4. 商品を作ろう!〜その後〜

  5. 【放課後学童】探究アート「展示に向けて」

  6. オリジナル フォントへの道