クロッキーって大変


デザインやデッサンなどの基本になるクロッキーに挑戦してもらいました。

まずは言葉からの推測。
「サンダルのやつ?」
「ペンだよね?」などなど可愛いらしい推測が飛び交いました。

短い時間で特徴を捉えて描くクロッキー。今回は10分間で、消しゴムは使わず、道具や位置を指定して取り組みました。

モデルの大変さも味わいつつ、終始笑い声の絶えないアートな時間でした。


関連記事

  1. 商品を作ろう〜番外編〜

  2. 【放課後学童】バチックって何?

  3. 【放課後学童】物語りのつくり方

  4. アートでマジック

  5. オリジナル フォントへの道

  6. パブリックアート