【放課後学童】物語りのつくり方

前回のデカルコマニーでの製作物をもとに物語りを作っていきました。

偶然にできた絵をじーっと見て何に見えるかを想像し、そこから世界を広げ、具体化しストーリーを生み出していく。

文章やストーリーを構成する「起承転結」に触れ、それを軸に取り組んでもらいました。

クラスの最後にはみんなからの提案で発表会が行われ、作品を共有する楽しい時間になりました。

1時間という短い時間の中で、生まれた沢山の素敵なストーリー。

改めて、子どもたちの無限の可能性にワクワクしてしまいました。

関連記事

  1. 【放課後学童】バチックって何?

  2. 伝わるカタチ

  3. 商品を作ろう!

  4. 商品を作ろう〜番外編〜

  5. クロッキーって大変

  6. 一年前の自分に会おう!