Friend with worm!!! ~ミミ友俱楽部通信~ Vol.6

ミミズは食べ残しや生ゴミを分解してくれる一方で、容器から脱走してしまうという少し厄介なところもあります。

 特に雨の日は容器の中よりも外のほうが湿度が高いため、湿っているところを好むミミズが大量に脱走してしまいます。そして壁に張り付いたり、地面を徘徊してしまうという事例が、僕らミミ友クラブが飼育しているミミズでも発生しました。

 そのため容器に入っていたミミズの数は少し減少してしまい、コンポストとしての機能が低下してしまいました。

 このような事を防ぐためにはまず、食べ物の投入する入り口に必ず蓋をして、ミミズが脱走できる大きさの穴をなくす事が大切です。

コンポストの蓋を交換 - 金田さんちの ほりでいらいふ

 原因は他にもあります。まず、ご飯の与えすぎ。ご飯を沢山与えると、ミミズはその分、多くの糞尿を排泄します。それらは植物にとっては肥料となり有益ですがミミズにとっては有害です。

 もしもミミズの糞尿が沢山含まれている容器にミミズが長時間住んでいた場合、いずれ全滅してしまいます。

 このような事を避けるために、ミミズは脱走します。そのため毎日少しずつ餌を与え、前日の餌が残っていた場合は控える必要があるのです。

  それにしても、雨の日、学校の非常階段の壁をはい回っているミミズたちの姿は、それなりに強烈です。はじめのうちこそ、悲鳴を上げながら捕獲していたミミ友メンバーでしたが、最近は自然体で指でつまみ、コンポストに戻してくれます。
 頼もしい限りです!!!

なぜキジ?】ミミズの謎を解明せよ!【なぜ道に?】 - 釣りとバイクが趣味なんだ。

関連記事

  1. Friend with worm!!! ~ミミ友俱楽部通信~…

  2. Friend with worm!!! ~ミミ友俱楽部通信~…

  3. Friend with worm!!! ~ミミ友俱楽部通信~…

  4. 横浜校のオンライン授業

  5. 版画の背景には

  6. Friend with worm!!! ~ミミ友俱楽部通信~…